体験談(18期連続講座)


びっくり!!

医療職 Aさん

1年先に設定したことが、1週間で結果が出始めました。
悩むよりまずやってみることが大事でした。
CTNで学んだセンスを職場で実践してみた結果、工夫や改善点のアイデアが出るようになり残業時間が短縮、ピリピリしていた現場が穏やかになり、お通夜みたいだったランチタイムに会話が弾むようになりました。
1週間経ったある日、部下から「雰囲気が変わりましたよね、いい感じですよね。」という発言があり、場に変化が起きたことを確信しました。
この環境をキープしつつ、さらに高みを目指し社内で一番輝く部署になり、地域に貢献していきます。


コーチャブルになってみた、そしたら強くなった!

Kさん

はじめは、お母さんと体験講座に参加して、行って見たいと思い、連続講座に申し込みしてもらいました。
連続講座の中で、わからない言葉もたくさん出てきました。それでもゴシップについては、自分からは言わなくなりました。
それから、嫌な事も、「嫌、だからやらない。」ではなく、「嫌だなぁ、そしてやる。」ということが、前よりできるようになりました。

コーチャブル(コーチを受けられる状態)の宿題が出た時には、5年続けている空手の全国大会が近づいていました。
今まで、怖くてコーチャブルになれない 師範がいたけれど、講座の宿題通りに、その師範からコーチを受けてみたら、凄くわかりやすく指導してくれるコーチでした。そして、コーチャブルになったら強くなりました(^_^)

その事を講座でシェアすると、岸コーチから「怖いというのは、何かが変換されて怖いと思っているのかもしれないから、どんな事を怖いと思っているのか探究してごらん。」と言われました。
探究してみたら、私の中の「怖い」は師範が指導中に出す声の大きさだけでした。
言われている内容は、怖くはありませんでした。それからは、沢山の師範に教えてもらうことができました。
講座では、大会での入賞もコミットもしました!
本番はとても緊張しましたが、講座で皆の前で、シェアする方が緊張していて、それでもシェア出来た体験があったので、緊張していてもやれると感じました。
そして結果は、コミットしていた通り、優秀選手に入賞する事ができました!!


感情と行動は分けられる! ~エキサイティングに起業した私のfour seasons~

スタジオ経営 加圧インストラクター Sさん

初心者マーク前後・左右貼っておきたいくらいに不安や怖さもいっぱいですが、コミット達成!トレーニングスタジオを立ち上げました(^_^)/。
いつか独立したいと思いながら、理由を探して先延ばしの自分に気づいた連続講座参加間もない春、
忘れかけていた仕事への甲斐、自分や相手の「幸せ」を創り出すことに魅力を感じる自分を大切にした初夏、
資金も物件の見通しも立たないまま1年後起業をコミットしてしまった晩夏。(^_^;)。
そしてセンスを活かしまくる日々・・・。次々と協力者が現れ、状況が動き出し、
もう決別かと思ったビジネスパートナーとwin-winの関係が創られ、
必要なものが続々手に入ってきた、新しい春、エキサイティング!!
世界からのギフトをたくさんもらって実現できた今、季節は再び初夏。出会った人々への感謝を忘れずに、世界にたくさんお返ししていきます。
次のコミットは、コーチ力で結果を創るスタジオの規模と内容の拡大です。


誰かのせいにしない幸せな社会へ

公務員 四児の父 Sさん

職場内では、「国が悪い」「県が悪い」「議員が悪い」「あの市民団体が悪い」といったフレーズを良く耳にしていました。住民とのやり取りでは、「市役所が悪い」「職員が悪い」という声も聞かれます。でも、よく考えてみると、「誰が悪い」のかを決めずに、パートナーシップ創作することができたら、幸せな地域社会を次世代の住民に、職員に、継承していけるかもしれません。
家庭でも「お父さんのせい」「弟のせい」と言わず、失敗しても悔しさ、つらさをしっかり味わった上で、チャレンジできる子どもになってくれるかもしれません。
連続講座に参加し、機能するコミュニケーションを探究することで、「やってられないよね」「それって難しいよね」といった会話が自分の周りから減って、「こうやったらうまくいっちゃうかも!」など、いたずらをするように、生き生きとパワフルに動き出してくれるような、そんなコミュニケーションセンス、自分のあり方が、私の中に蓄積されつつあります。パラダイムシフトとパートナーシップを感じさせるクリスホートンの絵本に準えて、「ひみつのさくせん」進行中です!


聴くチカラ

人財派遣会社経営 Iさん

CTN講座を受講し、一番の変化は聴く力です。
職業柄多くの方々の転職の相談や経営に関する相談を数多く受けてきましたが、受講前は真剣に聞けば聞くほど、面談が終わった後は、肩がこり、疲れることが多々ありました。
CTN講座を受講し、聴き方や全身で相手のことを捉える感覚を身に着けてからは、肩こりせず、疲れず軽やかに聴けるようになりました。
最近では、聴くことで経営者の真の課題を見つける事や転職者の真の想いに添えることができるようになってきたと感じます。
相手の心に寄り添う聴き方ができるようになった、CTN講座に心から感謝します。


センスを活かし、家族の再生へ

税理士 匿名希望さん

CTNと出会い、最も違いを創ったと感じるのは、自分の意図を明確にすることで、周りも変化し、「家族の再生」へ繋がったことです。
1年半前、第2子(小4)が余りにも勉強が嫌いで、ある先生から、原因は私の愛情不足では?と指摘を頂きました。
日々仕事に追われていた私にとって、子どもとの関係、仕事との両立に悩んでいた時でした。そんな時、CTNと出会いました。
コミュニケーションのセンスを探究していくと、「いつか彼は自分のパラダイムからシフト出来る日が来る」と彼を信頼して関わることが
出きるようになりました。そう感じられるようになった時点で、私の彼へのコミュニケーションは以前とは違うものになっていたのだと思います。
なんとかしなければ、と指示的な言葉を多くしたり、私自身を責めたりすることがなくなっていきました。
今、彼は、「勉強は嫌いだけど、将来のために勉強は必要だから、やるよ」と言うように!感情次第で自分の行動を決めるのではなく、
自分の意志で行動できる姿に、ハッとすることが増えてきています(^^)/

それから、自分の負担が増えると言う危機感を抱いて単身赴任から戻ってきた主人との関係も以前とは違うものに!
戻ってきてから半年余りは関係が悪化したまま。ところが、仕事→講座→寝る間もなく準備、そして日常の雑踏から離れて家族や
友人と向かったキャンプ場。そこで会話している時に、ふと、気づいたのです。私は、夫にとても感謝していることに。
これまで、過去の出来事に縛られ、頑なに許せないものを抱えていた自分、許さないことで自分を苦しくしていたこと、
上手くいかないことは自分が仕事をしているからだと責めていたこと、仕事も家庭もどちらも上手くいくなんて無理だとしていたこと、
たくさんのパラダイムで悪化させていたことがあったのかもしれません。
同時にやってきた、許すことと、感謝。
主人の予想通り、彼の家事負担は大きいですが、それでも今、とても良好な関係になっています。
半年前には想像できなかった関係性です。
こうした家族の前進は、私自身のあり方や意図が大きく影響していると感じています。
私は、幸せな家庭を創りたい。子どもたちにたくさんの愛情を持って育てていきたい。
仕事もしっかりやりたい。いろんなことが同時に上手くいってもいいんだ!!
そこに立場をとって、可能を探り続けてきた自分も承認します。
そして、共に講座に参加し、私のシェアを受け取り続けてくれた仲間に感謝です。