体験談(16期連続講座)

仙台連続講座ご参加中の方々より

南東北各地からご参加中の方々の体験談です。


仙台市 株式会社あっぱれ 代表取締役  伊東徹也さん

自分の本当の能力を発揮したい。
自分の殻をぶち破りたい。
伸びやかな自分でありたい。
そう思い、体験講座に参加しました。

今迄は人前で話すときは、どうすれば緊張しないか考えていましたが、クリアリングを体験し驚きました!
緊張したままでも能力は出せる!
今迄にない感覚…早速、連続講座に申し込みました。

毎回、目からウロコの岸英光さんの講座内容で、感情を観察し味わう事が出来る様になってきました。
そして、自分をさらけ出す事が出来る温かい仲間との出逢いと多くの深い気付きに心から感謝しています。
自分を縛っていたパラダイムから自由になり、講座で学んだ事を家庭と仕事で活かし続けます。
そして受講前の自分には予想できなかった、可能に満ち溢れる未来を創造して参ります。


大崎市 エフ トリ-トメント&スパ 加圧インストラクター 鈴木志麻さん

最初は仕事に活かしたいと思って連続講座に申込みました。
講座に参加して間もなく、これは仕事だけではなく家族・友人関係、恋愛、すべてに活かせることに気づき驚いています!
毎回、思いがけない気づきや発見があり、ワクワク(^_^)

最近やった「分別」では、自分の解釈や勝手な思い込みで、問題を複雑にしていることにハッとしました。
生きづらくしているのは、自分だった!と気づいてしまった私は、もうセンスを活かすだけ!!

仕事では、講座でやった「be with」や「含む」を意識してみたら、なぜかお客様が変わってきました。
あっという間にリラックスしていただけたり、追加のお手入れの相談を頂いたり、営業したわけでもないのにクーポンを買っていただけたり(^^)
売り上げは後から付いてくる一つの結果、売ることに頑張らなくても売れるんだ!と衝撃の発見です(^_^)

売上や数字にとらわれていた私だった数カ月前は、売上が伸びないことを、努力が足りないからだと責め続けていました…(T_T)。
今は、目の前のお客様との時間に自分を活かし切っている自分がいて、湧き上がる楽しさや達成感がとても新鮮です。
コミュニケーションの奥深さと可能性にときめいています。


岩沼市 高校3年 熊谷景子さん

CTNのセンスを知る前の私は、相手の行動に振り回され、自分の感情に流される日々を過ごしていました。
体験講座に参加したら、連続講座にも参加してみたくなっていました(^^)。
その講座で、感情次第ではなく物事を現実で捉えることや、自分を止めているパラダイムに気づき、シフトすることを掴み始めています!

学校生活や人間関係では、一点のみではなく、なんだか全体から観察している自分がいます。
「岸さんが言っていたのは、こういうこと!?」とか、感じながら。
クリアリングを知ってから、人と関わることにも余裕がでてきたかも。

関わる大人の方には、経験や思考から創られたパラダイムが結構あるかも、
その大人の枠組みで子どもたちや生徒が、自分の可能性を狭められたりするのはどうかな?と思い始めたり、
だけど、なかなか自分の想いを伝えることが出来なくて苦しくなったり…。
でも、講座に参加して3ヶ月、しっかり自分の意図を話したら、応援してくれる大人も先生も増えてきました!!
このプロセスで私には夢に向かって進み続ける軸がはっきりしてきたので、グラつかずに行けそうです(^^)


仙台市 地方公務員 山﨑賢治さん

仙台で開催されている連続講座に体験参加しました。
たった一度かつ初めての参加にもかかわらず、
組織内で重要なコミュニケーションやセルフコントロールの充実・改善に役立つ要素を沢山得ることができました。
参加しながら、若手職員の育成等に非常に役に立つ手応えを感じていました。

私たち公務員は、決まった予算や法規に基づき、定常的な対応を求められる仕事柄、
「○○でなくてはならない」というパラダイムに捕らわれ思考が硬直化しやすいことから、
絶えず変化を求められる今の時代にあって、多くの職員が基礎的な素養としてこの考え方を身につけることで、
創造的な職場を創っていくことができる手ごたえを感じました。
そして、今は連続講座で手応えを現実にしていっています。


郡山市 薬剤師 筒井保絵さん

震災のときのこと、仕事でのこと、一番身近な存在だった祖母の死。
受け入れられないことが続きました。
「頑張っているのに何で。私は何か悪いことをしたのだろうか。」
という思いが頭の中を占め、幸せを受け入れるスペースがなくなりました。
それまで楽しいと感じていた出かける事や人に会うことに苦痛を感じるようになり…

講座を通して、人前では元気でいなくてはいけないというパラダイムがあったことに気づきました。
味わい通り抜け、信頼できる空間でのコミュニケーションは自分の世界を広くし気づきが得られ、
感覚のところでの違いをつくることができました。
そして、それまで反発し立ち止まっていた両親、恋人との関係を前進させることができました。