16期連続講座開催案内

16kiHeader1今期(16期)より、CTN新プログラム開始!仙台で開催は、オプティマイズ・コース

「人が理想的で最上・最良に現実に取組める状態(オプティマル)」
「現実に影響力を創り出す立ち位置」を掴むコース

オプティマイズコースを含む全てのプログラム→ こちらから


コーチング連続講座オプティマイズ・コース 全10回   各3時間」

◆プログラムと開催スケジュール◆

期日 会場
テーマ
第1回 5/20 アエル 5階
情報化研修室

コミュニケーションを安全かつ効果的に進めるための基礎

ゴシップ・クリアリング

第2回 6/3 アエル 6階
1B
起きていることを正しくつかむクリアリング
第3回 6/17 アエル 6階
1B
透明な感性・相手に起きていることをつかむ
第4回 7/1 アエル 6階
2A
感情に振り回されず味わって通り抜けるセンス
第5回 7/15 エルソーラ 28階
研修室
場や空間、集団をリードするスキル
第6回 7/29 アエル 6階
2A
現実が適切に扱えなくなる仕組み ~ アップセット ~
第7回 8/5 アエル 5階
2A
現実と非現実の分別と扱い方
第8回 8/19 アエル 5階
情報化研修室
相手をどう現わしているか
第9回 9/2 アエル 6階
1B
場に何が起きてくるかを決めるもの
第10回 9/16 アエル 5階
情報化研修室
コミュニケーションにおける源泉性

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 岸さん言葉1kisisan

 開催時間:各回とも 18:45~21:45

会   場:アエル(情報産業プラザ) 5階又は6階(仙台駅西口より徒歩5分)

voice16図1 → 講座へのお問合せ・お申込みはこちらから

 

 

連続講座事前相談会を開催します。講座の詳細、お支払についての相談、完了生による体験談等

  • A日程  4/26(火)18:30~20:30・アエル5階 情報化研修室
  • B日程   4/27 (水)19:00~20:30・アエル5階 情報化研修室

入退室時間自由です。事前にご参加のご連絡いただけますと幸いです。 お申込みこちらから

 

※コア・センスアップコース完了生の方へ:振替参加予定の場合は、連続講座ご参加地の主催まで連絡をお願いします。振替されるプログラムの該当コース・回を調べ、お知らせいたします。


今春発売の日経BP ムック本 部下を持つ人の教科書 課長塾


~巻頭対談「組織変革の真実 人を動かして成果を上げる」

ラグビーU20日本代表ヘッドコーチを務める中竹竜二氏とCTN統括責任者岸 英光氏との対談が特集になっています。

 課長塾資料

相手のパラダイムをシフトさせようと働きかけると、情緒というものが人を引っ張るんです。行動すればいい結果が出せるという、まさにそのタイミングで、その人に面倒くさいという気持ちを起こさせたり、やる気をなくさせたり、またはちょっと止まっていたいムードをつくらせたりする傾向がある。

一方、そこを凌駕するようなトレーニングを受けた人は、情緒を脇に置いて行動できるんです。昔から禅とか武士道の中にあった「無」と同じような心境になれる。

今起こっていることをただ単にシンプルに受け取って、現実に立脚してしっかりと対応できるのは、最高な在り方だと私は思います

日経ビジネス 日経BPムック 部下を持つ人の教科書 課長塾

対談 組織変革の真実 竹中竜二×岸 英光 「人を動かして成果を上げる」極意より抜粋

 

kazumin_tachi

特集の中の 「コーチングの本質をきちんと日本人がとらえることができたら、コーチングで一番結果を出すのは日本人だろうと思っています。しかし、現状では表面的な質問や会話の技術にとどまっており、私は正直、苦々しく思っています。」

という岸 講師の言葉。↑の囲みの抜粋とも繋がるのでしょうね。

CTNのパラダイムシフトコーチングを皆様と共に探り・現実に活かしていくための『場』を南東北に創る甲斐と価値を感じます。

情緒で止まらず、行動してみた先の結果を確かめに行ってみませんか!主催より

→ お申込みはこちらから!

16期体験講座のご案内

 16kitaiken_header

新年度スタートの4月、新たな結果に向かうための体験講座を2回開催します! 自分の力も、相手の力もしっかり活かすことができたら、創り出す結果と共に日々の達成感や感動、心のゆとりも増えそうですね。 以下、講座の詳細です。 seminar2

 

 

140_140_bakudan_greenI. パラダイムとオプティマル
~軽快に結果を出している人は知っている『パラダイム』の存在と扱い方~

当てはまるもの、ありませんか?
•    緊張・不安は悪いことだと思っている。
•    ~せねば!で動いている。
•    無意識に、自分にはできない理由を探している。
•    自分がなんとかしなければ!と義務感を感じている。
•    いつもギリギリの行動になってしまう。
•    軽やかに行動している人は特別だと思っている。
•    大事な時にベストが出せない。

例えばこんな人は何が違うのか?
•    あんな風に子育てしたい!と注目を集めるママ
•    どこでも結果を出せる営業マン
•    そこにいるだけで、安心感を与えるスタッフ
•    いつもみんなの心を惹きつける上司
•    なんだか応援したくなる新人
•    常にオプティマル(最良の状態)な経営者
•    生徒の主体的な行動を引き出す教員
•    クライアントが本音で話したくなるワーカー

パラダイムの存在を知り、自分を最良で最善の状態(オプティマル)に整えるコミュニケーションを探ります。


講師:岸 英光(講師の紹介はこちら体験写真1

  • 4月10日(日) 13:30~16:30 受付13:00~ 
    講座終了後相談会(ご参加自由 ~17:30)
  • アエル6階 セミナールーム2A
  • 参加費:一般5,000円学生(高校生以上) 3,000円 中学生以下 無料
  • 定員60名 定員になり次第締切となります
  • お申込み!! → こちらから

 

140_140_bakudan_greenII. ハイパフォーマンスとBewith
~帰る場所はなぜ大切か?~ハイパフォーマー達のBe withとバイタリティ~

子どもにとっての家庭、学校、地域、友人

大人にとっての家庭、職場、地域、同僚、パートナー・・・

その場所やそこにいる人が、あなたにとって次のパワーを引き出してくれる存在になっていたら、創り出す未来が変わる!

自分のために、大切な人のためにコミュニケーションの土台を探ります。


▼講師:岸 英光(講師の紹介はこちら

体験写真2

  • 4月22日(金) 18:30~21:30 受付18:00~
  • アエル6階 セミナールーム2A
  • 参加費 一般5,000円学生(高校生以上) 3,000円 中学生以下 無料
  • 定員60名 定員になり次第締切となります
  • お申込み!! → こちらから

<岸 英光の言葉>

image008 コーチングは、単に「質問の技術」ではありません
情報伝達や意思疎通よりも『深いレベルのコミュニケーション』を通じて、人や組織が持つパラダイム(価値観の枠組み)へアプローチをすることにより、人や組織が持つ無限の可能性を開き、突破的な行動をより軽やかに発揮できるオプティマル(理想的で最上)な状態を引き出します。 コーチングは、人の関わる分野であれば、ビジネスを始め教育、医療、看護、介護、スポーツ、文化教養、地域おこし、研究開発、ネットワーク創り等々、まだまだ応用範囲の限界が見きれないほどに、様々な場面に使えるセンスです。
私自身、こんなことが自分の人生に可能だとは思わなかったことを幾つも手に入れています。
そんなセンスに是非とも触れていただき、あなたの人生にもエキサイティングな質を加えていただきたいと思います。

140_140_bakudan_greenご参加者の声

  • 今止まっている事に、見ないふりするのはやめようと決心しました。(主婦)
  • 家でのコミュ二ケーションに取り組んできたかな?とちょっと混乱しました。家でも仕事に集中して、家族という形でだけ繋がってきたかもしれないことに気づきました。(会社員)
  • 実際にワークをすると体に(頭でなく)落とし込めるのでよかったです。クリアリングについて知ったことも、自分でパラダイムシフトできるヒントにも引き込まれ感動しました!(IT関連)
  • チラシを見て、まさに今の自分に必要なもののような気がして参加しました。本当に来て良かったです。もっとコーチングを学びたいと思いました。(医療事務)
  • 子どもの持つ可能性をたくさん引き出してあげたいと思った。(薬剤師)
  • 「ニュートラル」な自分か!に仕事に家庭で取り組んだら、結果が変わりそうです。(介護支援専門員)
  • 他者とのコミュ二ケーションで自分の習慣となっていたパラダイムが明確になりました。今、抱えている課題に早速活かします。(ボイスアーティスト)
  • パラダイムシフトの概念、とても納得しました~。もっと学びたいと思いました。(医師)
  • 自分が働く意図、チームでの立場をより明確にもって、感情に惑わされずに、このまま進んでいこうと思いまたした。(教育関係)
  • 患者様やスタッフが、今よりもっと、心地よく、発言しやすくなる雰囲気を創るために、今回のセンスが活かせそうです。(クリニック経営)
  • 家族でクリアリングしてみたくなった。(理学療法士)
  • クリアリング、とても大切だなぁと思いました。(化粧品販売)
  • パラダイムシフトについてもっと知りたくなりました。岸さんのコーチングにどんどん引き込まれます。(パート従業員)
  • 仕事での状況や、子ども達との関わりと重ねながら参加しました。自分について、新たな発見もありました。(看護師)

石巻セミナーキャラバン

石巻タイトル

岸さん石巻

自分が何かを始めるとき、一緒にやろうと協力者が現れるとき、共に成果を分かち合えるとき…。

想いをつなぐテクニックを超えたコミュニケーションで、人が動き出し、広がり、未来が創り出されます。
人から軽やかな行動を引き出し、あらゆる人が甲斐や存在の価値を感じることができるコミュニケーションを、ご家族、子育て、職場、地域に活かしてみませんか?
日本におけるコーチングの第一人者である岸 英光氏と、震災直後から石巻市で復興支援の活動を続けるNPO代表であり、岸氏を師匠とする講師でもある横山泰治氏が、パワフルにお伝えします。
当時からの活動に、このコミュ二ケーションセンスがどのように活かされていのかも紐解かれる、講座とトークライブです!!


 2015年9月開催 セミナーキャラバンin南相馬の様子

石巻1つ目

メッセージ

石巻2つ目

  • 日  時 : 2016年3月5日(土) 14:00~18:00 受付開始13:30~
  • 会  場 : 石巻グランドホテル 石巻市千石町2-10 
    • JR仙石線仙石線石巻駅より徒歩6分
    • 高速バス(約78分)
      仙台駅前~石巻駅前
    • 仙台空港から
      仙台空港アクセス鉄道→仙台から仙石線をご利用ください。
  • 参加費 : 一般5,000円 学生(高校生以上)3,000円 中学生以下 無料

  • 定 員 :  150名 
  • 事前お申し込みが必要です。 → お申込みはこちら!!

ishinomaki_ura ishinomaki_omote

  • お問合せ:024-961-8420(担当:鈴木)

→ 体験者の声はこちらから!

140_140_bakudan_green講師紹介

岸英光氏 
     東京都出身 岸事務所代表 コミュニケーショントレーニングネットワーク統括責任者

→ プロフィールはこちら

kisisann_serifu

 

 

 

 

 

横山泰治(よこやま やすはる) 氏 

NPO法人ちょうふこどもネット副理事長/調布から!復興支援プロジェクト代表

yokoyamasan

●プロフィール

東京都出身。小学校からボーイスカウトを続け、大学生時代には隊長を務める。カナダへの高校留学後、大学2年の時に阪神淡路大震災時にボランティアとして参加。大学卒業後、留学カウンセラーとして働いた経験を活かし、2000年からNPOに関わり始める。現在はITを活用した地域情報化や青少年健全育成・若年者就労支援のNPOで活動しながら、NPOの設立や運営、行政との協働事業についての講師として全国で活動している。コミュニケーショントレーニングネットワークでは、東京の主催と講師としても活動。

●石巻とのつながり

 石巻市には、2011年3月19日に東京都調布と、新潟県佐渡市の物資を搬送したことをきっかけに現在まで2か月に1度のペースで訪問。「細く」「長く」を合言葉に活動を継続している。初期は調布市の企業や市民からの物資での輸送支援活動だったが、(株)街づくりまんぼう、(社)石巻観光協会の協力での石巻物産の調布での物産販売活動、現在は、ジュニアリーダーやボーイスカウトなどの青少年から、農業と水産業の交流、高齢者パソコンサークル同士など、人と人とをつなぐ活動を行っている。2014年からは、(公社)みらいサポート石巻が開発した「津波伝承AR」を、都市型観光に改造し、石巻と調布に雇用を生み出す地方創生の事業として展開。今後も、行政・市民・事業者・教育機関が分野を超えて共に存在しながら新しい事業を生み出していける地域が全国に広まることを意図して活動している。新聞

【2015年 南相馬でセミナーキャラバンを開催!】

9月13日にはセミナーキャラバンin南相馬を開催いたしました。(福島民報より)
会場 南相馬市民文化会館 ゆめはっと 多目的ホール
第1部    講演「パラダイムシフト・クリアリング」(岸 英光氏)
第2部    岸講師と南相馬市立総合病院の医師&NPO団体代表を務める医師とのトークライブ
世代や出身地や職業は様々、社会の縮図のような会場に、ワークを体験されたご参加者のどよめきが起こりました。

講座後のアンケート

  • 「日々の子ども達との関わり、仕事と重ね合わせながら聴きました。一緒に参加して子ども達にはどう響いたか。同じことを聴いたこと活かして、これから取り組んでみます。」
  • 「子どもの可能性をもっと引き出してあげたい。もっとコーチングを勉強したいと思った。」
  • 「このセンス、院内に活かそうと思う。」
  • 「やってみてもいいかも、は、やってみようと思いました。」
  • 「参加者とのやり取りで、岸さんの話が更に理解できた。」
  • 子育ての中で、実は子どもを否定していることが多かったことに気づいた。クリアリングで子どもの話を聴いてみることをやってみようと思った。」
  • 「子どもと感情の次元で会話して、半ば強引にやらせていたことがあったかも。子どもの意思まで引き出せる親でいたい。自分の意思で行動できたら、子どもの自尊感情やパワフルさが違ってくると思った。最後の参加者さんとのやりとりがグッときた。」
  • 「南相馬まで来た甲斐があった。」
  • 「新しいことを始めるときは半年以内に着手して動き出すパラダイムを創る。そうしないと止めるパラダイムができてしまう。これは自分の事業でも思い当たる。」
  • 「これからどうして行こうか考えていた時に、絶妙なタイミングのセミナーだった。」
  • 「今まで何かと二の足を踏んでいることが多かった。やりたいことがあっても、できない理由を探して止めていた。踏み出そうと思った。」
  • 「参加した私のお友達、皆、喜んでいたわぁ!私もご案内した甲斐があったわよぉ。あんな場所になかなか行く機会ないじゃない。とてもスッキリして、何かやってみようって言いながら帰ったのよ。ねっ次はシルバー対象のセミナーやって欲しいわ。まあまあ元気でも、なかなか外に出る機会がない、自分のこと話す機会もない、晩年の生き方探って、断捨離とか考えながら、寂しいなぁ、でも、あと少し外に出て楽しく生きたいって思っている高齢者多いのよ。高齢者にもコーチング必要よ!」

15期連続講座開催のご案内

人の前進に役立つコミュニケーション<コーチング>のセンスを身につけたい方

15期head図1

15期連続講座の概要  → こちらから

13期までの参加者の声 → こちらから

受講料金について → こちらから

kisisan

お問合せはこちらから

「1回のみ見学ご受講が可能!

気になったら、実際体験したい時etc・・・是非ご活用を♪」

◆プログラムと開催スケジュール◆

期日 会場
テーマ
第1回 9/25 アエル5階
情報化研修室
コーチングを安全かつ効果的に進めるための基礎
第2回 10/2 アエル5階
情報化研修室
パラダイムが、どれほど根深く強力か
第3回 10/16 アエル6階1B 行動を妨げるメカニズム、結果を妨げるメカニズム その1
~やろうやろうと思っていながら行動が出ず、ものごとがどんどん複雑になり、結果が出なくなるメカニズム~
第4回 10/30 アエル5階
情報化研修室
行動を妨げるメカニズム、結果を妨げるメカニズム その2
~人はパラダイムを越えようとしたとき、どのように抵抗するか~
第5回 11/13 アエル5階
情報化研修室
行動を妨げるメカニズム、結果を妨げるメカニズム その3
~会話に隠れている自分自身との闇取引の実態~
第6回 11/20 アエル5階
情報化研修室
コーチャブルさをつくる
第7回 12/11 アエル5階
情報化研修室
責任をストレスからパワーの開放にシフトする
第8回 1/8 アエル5階
情報化研修室
現実が適切に扱えなくなる仕組みをつかむ
第9回 1/22 アエル5階
情報化研修室
現実と非現実の分別と扱い方
第10回 2/5 アエル5階
情報化研修室
意図 ~人をパワフルに行動させるベクトルの発見~
第11回 2/19 アエル5階
情報化研修室
可能 ~枠を超えるために必要な要素~
第12回 3/4 アエル5階
情報化研修室
時間軸の転換
第13回 3/18 アエル5階
情報化研修室
創作として創り出す感謝、承認、完了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sendai13ki_shusai

主催よりメッセージ

今、コーチングは様々な分野にどんどん拡がっています。CTNで提供させていただくプログラムは 「やり方」ではなく「あり方」を大切にしています。人を相手にする以上、テクニックは通用しないと考えています。自分の「軸」に沿った結果や意図する関係性を創るため、新しい視点や観点からコミュニケーションセンスを磨いていきます。

皆様が手にしたい結果のために、時間をかけずに、難しく大変なことにせずに、軽やかに前進するために、このプログラムをご活用いただけたら嬉しいです。

講座へのお問合せ・お申込みはこちらをクリック!

セミナーキャラバンin南相馬

「コミュニケーションで創り出すこれから」
 ※盛会のうちに終了しました。
ご参加いただいた皆様、ご関心をお寄せくださった皆様
ご案内に協力くださった皆様、心から、ありがとうございました。

「これはパラダイムかも」、「やってみてもいいかも」、そこから進んだ先で,手にされる素敵な結果を意図しております。
またどこかでお会い出来ましたら光栄です。

セミナーキャラバン実行委員会一同

 !! 動画配信中!!
『どんなセミナー?』『どう活かせるの?』
『あの本の岸さんってどんな声?』に応えて
岸講師が皆様へのメッセージと共に、テーマについてギュッと語っています

2015souma

パラダイムとは?

人の行動を無意識に止めてしまう「価値観の枠組み」があります。成功や結果に向けて進みだそうとするとき、「時間がないから」「私は・・・だから。」「やったことがないから」「難しそう」といった理由を見つけて踏みとどまろうとした体験があるかもしれません。このセミナーで、パラダイムの存在を知り、パラダイムを適切に扱うことができたら、そこから創り出せるあなたや関わる方の行動や結果は大きく変わってきます。

クリアリングとは?

自分のことを相手に伝える。相手のことを受け取る。その時にクリアリングのセンスがあることで、相手も、あなた自身も理想的な状態で前進して行くことができます。
緊張や不安があっても、最良の力を発揮するために、ERのドクターやパイロット、スポーツ選手とその指導者の方たちが活かしているセンスでもあります。
安心で、安全なコミュニケーション体験ともなるクリアリングは、信頼関係を創る、相手が必要としていることが分かるといったことにも、活かすことができ、人と関わる仕事や子育て、人材育成において、今とても必要なコミュニケーション力かもしれません。
ワークを通して、クリアリングによって起きることを体験し、忙しくて何から手をつけてよいかわからないとき、子どもやクライアント・部下の話を聴くとき、ここが勝負だと感じるような場面等々、現実で活かして、これまでにない関係性や結果を創っていただけたら何よりです。

 

各種企業・教育庁・各地行政機関・各地社会福祉協議会・病院・学校等々で年間講演300回。パラダイムシフトの第一人者が伝える!
140_140_bakudan_green「コミュニケーションで創り出すこれからⅠ」

岸さん2

パラダイムシフトクリアリング編~
 講 師 : 岸 英光

「こんなものじゃない」コミュニケーションの力を活かし、今よりも人の存在に心満たされ、今よりも自分の可能性に気づき、今よりも更に誰かの命を輝かせることができる貴方へ

 

本140_140_bakudan_green「コミュニケーションで創り出すこれからⅡ」horisan2
 講師とゲストのトークライブ

☆ゲストスピーカー 

 医療ばかりか
 市民活動まで
展開している医師

 Dr.小鷹昌明 & Dr.堀 有伸

  • 自ら楽しむ!をモットーにしたら何が起きてきた!?
  • ここからどんな〝可能〟を開いて行きたいですか!?
  • コミュニティ創作/心身が整う5つの条件 に向けて
  • 日  時 : 9月13日(日) 12:30~16:30 受付開始12:00~
  • 会  場 : 南相馬市民文化会館 ゆめはっと 多目的ホール
           ▼新幹線停車駅 福島または仙台から、バスでのご移動となります。
                バス時刻表 
                → http://www.touhoku-access.com/regularbus#link01

                →市役所前または原ノ町駅前下車 
                ※会場までのアクセス情報
                  → http://www.yumehat.or.jp/access/index.html

             ▼高速道路ご利用の場合  最寄りインター 南相馬から会場まで7分

  • 参加費 :  南相馬初上陸記念価格
            一般:3,000円 /学生(高校生以上):1,000円 /中学生:無料

  • HPからの事前お申し込みまたはチケットの事前購入が必要です。
  • チラシのダウンロード→ こちらから(PDFファイル 約2.5MB)

      → お申込みはこちら

      チケットは、ゆめはっとで販売中!!定員になり次第締切となります。

  • お問合せ:070-5320-5160(佐藤)

 

→ 体験者の声はこちらから!

140_140_bakudan_green講師・ゲストスピーカー紹介

 講師:岸英光氏 
     東京都出身 岸事務所代表 コミュニケーショントレーニングネットワーク統括責任者

→ プロフィールはこちら

Informationセミナー内容に関する岸講師からのメッセージ動画8月配信予定

kisisann_serifu

 

 

 

 

 

ゲストスピーカー:小鷹 昌明氏 
 小鷹さん南相馬市立総合病院・神経内科勤務・神経内科専門医/ 医学博士・エッセイスト・福島県立医科大学災害医療支援講座所属
                          
1967年埼玉県に生まれ、1993年獨協医科大学医学部を卒業。同大学病院神経内科にて19年間勤務の後、2012年に退職。現在、南相馬市立総合病院に勤務。大学時代は、免疫性末梢神経疾患の病態と治療に関する研究を行っていたが、福島県に来てからは、神経難病の支援に力を注いでいる。
「いま、医療者は何を考え、どうするべきか!」を信条として“原発に一番近い病院”から医療状況を伝えると共に、コミュニティ創出のための市民活動を展開中。
著書に、『医者が大学を辞めるとき』、『原発に一番近い病院』(中外医学社)、『ドクター小鷹、どうして南相馬に行ったんですか?』(香山リカとの共著、七ツ森書館)などがある。 趣味は、トレッキング、医療エッセイの執筆。南相馬市の伝統行事「相馬野馬追」への出陣のために乗馬をはじめている。

 

ゲストスピーカー:堀 有伸氏
 NPO法人みんなのとなり組・南相馬市立総合病院心療内科メンタルクリニックなごみ勤務・福島県立医科大学災害医療支援講座所属堀さん

1997年東京大学医学部医学科を卒業。東京で精神科の臨床に従事し、主に社会や組織などの集団と人のこころとの関係について研究。
2011年の東日本大震災に強い印象を受け、当時の勤務先帝京大学医学部附属病院精神神経科を退職、2012年4月から南相馬市で暮らし始め、同時に精神科医として地元の精神科病院などに勤務。並行して地域のメンタルヘルスの問題に取り組むために、「みんなのとなり組」というNPO法人を立ち上げる。
また、「困っている人の援助をする仕事」にかかわっている方々を主な対象に、月に1回「南相馬こころのケア連絡会」という勉強と相互交流を目的とした会を平成26年から開催。
現在は、負担を担ったこころの回復に求められる心のあり様、その状態に近づける生活環境、人との繋がり、社会などを含んだ支援プログラムの作成にも取り組んでいる。

実行委員の佐藤です。
図1南相馬産まれ、南相馬育ちです。 これから家族の暮らしをどうしていこうか・・・そんな悩みと迷いの日々の中で、ふと気づいたことは、被災したからと、あきらめてしまったことの多さでした。残念なことに遭遇したけれど、ここからまた、自分が欲しい幸せを
存分に手に入れてもいいはず!一人では難しかったら、誰かと繋がって進むこともできる。いろんな分野において、突破的な結果を被災地から、ここから、創り出していけたら!そんな想いから、今回の企画を立ち上げました。
最初は一人で思いついたことが、コミュニケーションを起こしていく中で、たくさんの方々のご貢献に出会い、ご案内に至っております。この機会が一人でも多くの方に届くことを願いつつ、当日に向かっています。会場でご一緒させていただけましたら何よりです。

 

 

 

センス活用してます!(体験者の声)

voice1-1

voice2